WIRED『SFがプロトタイプする未来』に情報提供

舩橋真俊が、以下の作品に協生農法・拡張生態系に関する情報提供しました。
WIRED 2020 vol.37『SFがプロトタイプする未来』p.78 津久井五月氏の短編『地下に吹く風、屋上の土/UNDERGROUND WIND, ROOFTOP’S SOIL』 

UNDERGROUND WIND, ROOFTOP’S SOIL
津久井五月/地下に吹く風、屋上の土
植物と人類の新たなる共生のヴィジョンを描いた「コルヌトピア」にて第5回ハヤカワSFコンテスト大賞を受賞し、鮮烈なデビューを果たした津久井五月。彼が新たに描いたのは、世界が新型ウイルスや薬剤耐性菌の流行にたびたび晒され、人類がログ派とスコア派に分かれた2038年の冬を舞台にした、ある恋の物語。

Publication of a technical note

M. Funabashi published a technical note:

Masatoshi Funabashi “Technical Note: Comparison of Soil Ion Diversity between Synecoculture and Natural Ecosystems (協生農園と自然生態系における土壌イオン多様性の比較)” Research and Education material of UniTwin UNESCO Complex Systems Digital Campus, e-laboratory: Open Systems Exploration for Ecosystems Leveraging, No. 12 (2019).